ジョブズが認めた天才 ジョナサン・アイブ

日記

 アップル社には、最高責任者ティム・クックでさえ管理できない特別な人がいることはご存知だろうか?その名はジョナサン・アイブだ。彼の役割は最良の製品をデザインすることだけだ。上級副社長という肩書きはあれど、それ以外は全く皆無だ。それなのにアップル社の誰にも干渉されない、いわば最強の権限を持っている。そんな立場を与えたのがスティーブン・ジョブズだ。

 

 そんなアップル社の裏のトップであるアイブ氏はロンドンミュージアムにおいて、デザインするうえでの12のヒントを次のように述べている。

 

 

デザインするうえでの12のヒントとは

 

 

 

あなたがつくったもの、それはあなた自身の想いだ

 

 わたしたちがつくるもの、それは私たちが何者かを証明している。人々はそこに思い入れがあるか、そうでないかを感じとることができるはずだ。それはお互いの信頼関係に関わることだ、そして思い入れがないということは失礼にあたるということだ。

 

 

素晴らしいアイディアは会話からはじまる

 

 最高のアイディアは何気ない会話の中からはじまる。デザインは、開始時からの様々な小さな変化によって、全く異なるモノに仕上がる。アイディアは、はじめの時点では非常に変化しやすいし、閉鎖的な考えだ。ところがプロセスをすすめていくと全ては変わる。それは多くの人が関わることで排他的ではなくなるからだ。

 

 

レンダリングをやめてつくりはじめよう

 

 デザイン学校のデザイナーのほとんどがモノをつくる方法をわかっていない、その理由は「ワークショップの授業料は高いがコンピューターは安いから」だ。多くのデザイナーがモノをつくる方法を知らないのは悲しいことだ。CADソストウェアは微妙なデザインもよく見せることができてしまう。3Dデザインコースに4年間何もつくらずにいるなんてもったいないことだ。デザインもモノづくりにも優れている人はとても素晴らしいことだ。

 

 

チームの仲を親密にしよう

 

 アップルのインダストリアルデザインチームに入ることは非常に難しいといわれている。その理由のひとつは、過去15年で18人のデザイナーが誰一人としてやめていないからだ。「私は小さなチームで仕事がしたい。私たちのデザインチームは18人しかいない。でも誰一人として今までやめていないんだ。」

 

 

コピーされるのはごめんだ

 

 8年という仕事の苦労がたった半年でコピーできてしまう。しかし、それを避けることはできなかった。人のデザインを盗むということは、人の時間を盗むということだ。お世辞かって?まさか、冗談だろう

 

 

いい訳はしない

 

 本当に新しく、革新的なデザインを追求するなら、いい訳はしないことだ。

 

 

ガジェットを小さくすることは避けられない

 

 アップルの端末を小さくしすぎているという批判があるが、それは自分が素晴らしいこととは思っていない。なぜならテクノロジーが進化する中でそれは必然的なことだからだ。驚異的なテクノロジーを見たとき、より小さく、より安く、より信頼性の高いモノをつくりたくなるのが人間だ。

 

 

誰も見ていないモノにエネルギーを費やそう

 

 我々は電話の内部に多くの時間を費やしたが99%の人はそれを見ることはないだろう。しかし、それは大事なことだ。

 

 

異なるという理由だけで異なるモノをつくらない

 

 他社と異なる商品という目的で商品はつくらない。異なる商品をつくることは簡単だ。例えばそれは、ピンク色にしてフワフワにすればいいことだ。難しいことはいいものにするということだ。異なるモノをつくるのがマーケティングや企業の課題になりがちだが、大きな変化が起きれば違いは生まれるものだ。

 

 

あなたが失敗していないなら、それは行動していなからだ

 

 失敗することを恐れてはいけない。失敗していないということは、チャレンジして突き進んでいないということだ。スタジオで80%はうまくはいかないものだ。だからトライ&エラーを繰り返す。

 

 

あなたが認めるよりも、もっとアイディアを否定しよう

 

 ひとつの成功するアイディアにつき、9つの却下されたアイディアがある。

 

 

よい製品を作ればお金もついてくる

 

 わたしたちの目標は切磋琢磨して最高の商品をつくることだ。そして、たくさんの人たちに気に入ってもらうことが私たちの成功であり、それはよい製品を作ること、そう信じている。私たちは知っている。気に入るということは、購入してもらえるということだ。お金をうむということは、私たちの結果だ。

 

 

参照元 : Cult of Mac

 

 

 私が最高のデザインを提供するには、髪という素材以外に容姿を観察し、薬剤や技法を駆使し、最高のデザインをつくることと同じだ。そしてそれはどの職業でも同じことだ。料理人なら素材を吟味し、様々な調理法を駆使してもてなすように努めることのように、あるいは整体ならその問題を試行錯誤し、最善の方法を選択する。飲食や整体をデザインと考えることはおかしいことだろうか?いや、私はデザインするということは人の生活に直結していることと考えている。だから製品だけとは思わない。健康な身体づくりのためのデザインという思考でもいいのではないだろうか?

 

 

 

 

 

 

 スティーブン・ジョブズが絶対的な信頼を寄せた人物、ジョナサン・アイブについて深く紹介した書籍「ジョナサン・アイブ」がついに日本語訳された。一番重要なことはデザインであり、デザイン以上に重要なことはない。多くのデザイナーにオススメしたい1冊だ。

 

 

ena_logo_k

浦和の美容室エナ

住所 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-11-1長堀ビル102

アクセス・道案内 JR浦和駅北口を出て、伊勢丹の右手側のミスタードーナツをまがり、その裏門通りをまっすぐ歩き保健センターをこえて右手の白いビルの1Fのエンジ色のテントが目印です。

TEL:048−824−0393

営業時間 10:00〜  営業時間外のご予約も可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

定休日 火曜・その他

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

当店の口コミ一覧はこちら 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

髪をキレイにしたければダメージを減らせ!

トリートメントで髪をケアするのはもう当たり前。そもそも髪のダメージを減らさなければ、髪はキレイになりません。キレイな髪を創るためのダメージ改善・予防をメルマガでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる