menu

Eva

〒330-0062
さいたま市浦和区仲町3-11-1
長堀ビル102

TEL.048-824-0393

まっすぐな縮毛矯正から自然な縮毛矯正へ

IMG_201458_2-min

縮毛矯正の多い時期になってきましたね。

今年はまっすぐスリークな縮毛矯正スタイルから

自然で柔らかな縮毛矯正スタイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
  
DSC_0273

半年くらい前に縮毛矯正かけた方です。
 
DSC_0277
 
当然だいぶ癖も出てきてますね。

いつもはまっすぐスリークな縮毛矯正なので

お手入れは楽ですが

どうしても毎回同じようなスタイルであきてしまいますよね。

今回は毛先を少しカールさせて柔らかなイメージにしてみます。
  
で、いきなり仕上がりです。

DSC_0283
 
毛先を少しカールさせるだけでも雰囲気はかなり変わります。

はじめての毛先カールでしたので

とても喜んでいただけました^^
 
DSC_0284
 
根元の癖もこれで安心ですね。

梅雨を乗り切ってください!
   
コスメ系でお問い合わせくださった方へ

ダメージの話ですが

1剤だけではなく、

アイロン、2剤をはじめスタイルをつくる行程のすべてが重要です。
 
コスメ系というとどうしても1剤、

つまりひとつのことに直視されがちです。

最新の1剤の中には主成分がオイルのような性質を持っているため

それだけでトリートメントしたような錯覚を覚えてしまいます。

しかし、そのオイルのような効果もオイルがとれてしまえば質感は損なわれます。

つまりそのときはいい風合いに仕上がっても時間がたつとぱさついた感じがします。

人によってはそれもダメージしたと感じる人もいるでしょう。
 
またどんなにいい風合いの1剤をつかっても

その後のアイロンなどでびびりなどをつくってしまうケースも最近は特に増えています。

固定する薬、2剤も使い方次第ではいらない結合をつくってしまい

混合ジスルフィドというダメージ要因になります。
 
つまりダメージの要因は1剤だけではなく

行程すべてにあるといっても過言ではないです。

もちろん既存のダメージも施術に関係しています。
  
ダメージをつくらないことは理想ですが

ダメージのない施術は今のところありません。

ましてやダメージは積み重なりで、

トリートメントなどで一時的によくなったようにすることは可能ですが、

なおることはまずありません。

そして今回の記事の方の施術も特別なトリートメントはしていません。

ですのでダメージを最小限におさえる施術内容を続けることがとても重要です。

 

 

ena_logo_k

浦和の美容室エナ
すべては上質のために…進化する縮毛矯正,デジタルパーマ,カラーでお手入れしやすいヘアデザインを心がけています。

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

 

当店の口コミ一覧はこちら

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。