ノンアルカリだから痛まない?

パーマ, 縮毛矯正

「ノンアルカリで痛みなし!」

「ノンアルカリだから痛まない」

 

縮毛矯正やパーマなどでのキャッチフレーズによく使われる言葉です。パーマやカラーのお薬はアルカリ性のものが多いです。

髪やお肌は弱酸性なのでアルカリのお薬は痛むということなんですが、間違ってはいないです。

では、ノンアルカリだから髪が痛まないのかってなると、これも違います。

 

ひとつ例をあげてみましょう。

 

かかとが硬くなったら尿素クリームを塗りますね。尿素クリームは、ほぼアルカリです。(弱アルカリとか細かい設定は無視してね。)そのアルカリ性のクリームが硬くなったかかとを柔軟にしてくれている訳ですよね。

 

髪も同じことです。もともと硬い性質の毛髪をアルカリで柔らかくして薬の浸透を促進させ、薬剤を正しく反応させてくれている訳です。ですからお薬がアルカリだから悪いとか、ノンアルカリだからよいというのは一概には言えないのです。それでは実際そんなキャッチーな宣伝に誘惑された方と当店の施術とで比較してみましょう。

 

 

nonarukari

 

今までノンアルカリで痛まないと信じてかけ続けた方です。

痛んで・・・見えますよね(汗)

ちなみに当店でもノンアルカリや酸性のお薬はありますが、メインはアルカリのお薬です。

 

ストデジ

 

この方も半年前の根元の矯正はアルカリです。毛先のデジタルパーマは酸性なので違いますけど。ちなみにダメージは当然あります。ダメージ0のパーマやストレート(縮毛矯正)は、残念ながらこの世の中にはないですからね。

 

だけど、もちろんダメージは最小限に抑えるようにはしてあります。アルカリを使いたくない髪、もしくはアルカリを必要としないような髪などはノンアルカリを使用する場合もありますし、お薬は髪質によって使い分ける必要があります。

 

そもそも薬を自身で選ぶということはどうなんでしょうか?

 

病気になって、お医者さんにいって、「この薬を下さい」ということはまずないはずです(一部のマニアックな方は除いて)。薬は医者が患者にあわせて処方するものです。これと同じですよね。

 

私たちが毛髪に合わせて薬を選択するほうが正しいと思いませんか?それがノンアルカリがどうのこうのいうのはいかがなものかと思います。ノンシリコンとかも同じですね。そもそもシリコーンだし。

 

話はそれましたが、ですからアルカリだから悪いっていうのは一概にいえません。では、もう一度比較してみてみましょう。

 

nonarukari

ストデジ

 

一目瞭然ですね。

 

「ノンアルカリだから痛まない。」

 

はありえません。

 

痛んでないように見せるのは美容師側の腕であり、技術です。

 

もちろんもともとの髪質による影響もありますし、ホームケアをどのように行っているかも同じくらい重要ですね。

 

ノンアルカリのお薬は、アルカリのお薬よりも使い方によってはダメージを少なくすることができる可能性があるお薬です。

 

これが正解。

 

こちら記事も合わせてどうぞ

 

→ 同じ薬でも濃度や使い方で仕上がりは異なります

 

→ たかがシリコン、されどシリコーン

 

→ シリコン(シリコーン)が髪をコーティングする?

 

 

ena_logo_k

浦和の美容室エナ
すべては上質のために…進化する縮毛矯正,デジタルパーマ,カラーでお手入れしやすいヘアデザインを心がけています。

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。一緒に美髪を目指しましょう。あなたのキレイを応援しています!

 

当店の口コミ一覧はこちら

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1日1分で読める。キレイな髪を創るアイディアチャージ!

「トリートメントの間違い」「オイルケアが人気の理由」「シャンプー前の3つの下ごしらえ」など、あなたの髪をもっとキレイにするヒントをメールでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる