縮毛矯正かけている男性のイメージって(縮毛矯正メンズ編)

縮毛矯正

クセの悩みは女性だけではないですよね。男性だってクセで悩んでいる方はたくさんいます。日本人の7割はくせ毛です。クセの種類は様々なのでデザインや髪質によっては縮毛矯正やストレートパーマをする必要はありません。

 

一般的に縮毛矯正はクセが強かったり、クセが気になる方がかけるイメージがあると思います。私的な考えですが、縮毛矯正はブローやセットするお手入れを楽にするための髪質コントロールのためにあると思っています。つまり、ダメージしてまとまらない方や他店で失敗して髪がチリチリになってしまった方も対象になります。それでは本日は男性のための縮毛矯正です。

 

男性の縮毛矯正ってどんなイメージがありますか?

 

 縮毛矯正でカッパ

 

縮毛矯正のイメージってやっぱりペッタンコ。当然 癖を改善するのでかけないよりはボリュームはダウンします。ただあまりにも不自然でいかにも縮毛矯正をかけてますって感じの方が多くないですか?癖をまっすぐにするんだから当然といえばそうなんですが…当店はひと味違いますよ!

 

それではまずビフォアーというか途中経過の写真です。

 

縮毛矯正ビフォアー

 

途中までアイロンしてあります。こういったクセだと、縮毛矯正をかけていないと大変そうですね。

 

男性の縮毛矯正で意識しなければならないこと

 

写真で、すでにアイロンをかけてあるところはどこだかわかると思います。これは男性の縮毛矯正だけではなく、縮毛矯正をかける全ての方にいえることですが、アイロン時に毛先をこのようにカールさせることが一番のポイントです。

 

ただし、女性の場合は髪をあまり切らない(カットしない)方が多いので毛先を何度も処理する必要がない(縮毛矯正の薬を使わないで毛先は薬をはじくようにガードしたりします)のに対し、男性はカットすることがほとんどですので、毎回毛先まで薬を使うことになります。つまり、毛髪診断がきちんとできないと毛先はチリチリになりやすいので注意が必要です。

 

そして写真ではわからないのですが、ペッタンコになりすぎる原因はアイロン時に毛髪をつぶしてしまっているからです。アイロンで髪をつぶしてストレートにしてしまうと昔の女子高生の後ろ姿みたいになってしまいます(わかる人にはわかると思います)。

 

それでは仕上がりです。

男性(メンズ)の縮毛矯正 アフター

 

とても自然なスタイルです。縮毛矯正をかけているといわれなければわからないかも知れません。シンプルだけど見えないこだわりってこういうことだと思います

 

施術全般にいえること 

 

今世間では、傷みが少ない弱酸性のパーマ液だとか、新しいパーマの機械エアウェーブが登場しました!とか、つい薬や機械ばかりに目がいきがちです。しかし、本来デザインは人の手で創るものです。つまり、結局大事なのは技術力(デザイン)です。道具や薬剤はデザインをつくるためのツールでしかありません。今回の記事を見ればわかりますね。縮毛矯正のポイントは薬よりもアイロンのテクニックです。 もちろん使いやすい薬剤や機械などはあったほうが便利です。

 

 

 

 

 それではステキなヘアライフを!

 

ena_logo_k

浦和の美容室エナ

住所 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-11-1長堀ビル102

アクセス・道案内 JR浦和駅北口を出て、伊勢丹の右手側のミスタードーナツをまがり、その裏門通りをまっすぐ歩き保健センターをこえて右手の白いビルの1Fのエンジ色のテントが目印です。

TEL:048−824−0393

営業時間 10:00〜  営業時間外のご予約も可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

定休日 火曜・その他

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

当店の口コミ一覧はこちら 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1日1分で読める。キレイな髪を創るアイディアチャージ!

「トリートメントの間違い」「オイルケアが人気の理由」「シャンプー前の3つの下ごしらえ」など、あなたの髪をもっとキレイにするヒントをメールでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる