menu

Eva

〒330-0062
さいたま市浦和区仲町3-11-1
長堀ビル102

TEL.048-824-0393

冷え対策

22085707 - evening tea with candles

おはようございます。Uichiです。

冬の中でも1〜2月は1年で最も寒い時期です。あと少しで冬も終わりですが、あとひと踏ん張り冬の寒さと付き合わなくてはいけません。こんな時は意識して上手に「体を温める食べ物」を摂取して効率的に体を温めてください。まず、食べ物には「体を冷やすもの」と「体を温めるもの」があります。

例えばトマトやキュウリなどの夏野菜は体を冷やすと言われますが、根菜類や赤や黒い食材、北の地域で採れる食材などは体を温めてくれます。ですからこの時期はそういった食材を使ったメニューを取り入れると良いですね。

尚、「体を温める食材」として有名な生姜ですが、生で摂取すると逆に体温が下がってしまいますので、温める目的で摂取するなら必ず加熱してください。特に、加熱したあと乾燥させた生姜は特に温熱効果が期待できますのでオススメですよ。乾燥生姜はご自分でも作れますが、市販のものを使えば簡単です。食材を賢く選んで体を中から温めて冬を乗り切りましょう!

 

乾燥生姜の作り方

生姜はなるべく表面につやがあり、ふっくらとした肉厚な生姜を選びます。痛んだ部分があれば取り除いて水洗いした後、キッチンペーパーなどで水分を取り除きます。皮がついたまま、1mm程度の厚みにスライスします。皮付近に有効成分が多いため、皮ごと使用しましょう。

蒸し器にクッキングシートを敷いて、中火で30分ほど蒸します。蒸し器がない場合は、フライパンに2~3センチのお湯を入れて、クッキングシートを敷いた耐熱皿を入れて、その上に生姜を並べます。天日干しなら約1日、または日陰干しで1週間程度、ザルや乾物ネットで生姜を乾燥させます。

もちろんネットでも購入できますが、作る工程で熱処理していない場合にはヨーグルトなどにトッピングする場合、最大の効果が得られませんので注意しましょう。また乾燥させた生姜をミキサーで細かくすると使いやすいです。

 

お勧めレシピ

★ はちみつジンジャー紅茶 ★

乾燥生姜小さじ1とはちみつを好みの分量で混ぜます。そのまま水やお湯にといて飲んでもいいですし、紅茶のテアフラビンで身体を温める相乗効果が期待できます。

★しじみと生姜の炊き込み御飯 ★

材料 米3合 乾燥しじみ50g 乾燥生姜10g 白だし75ml 醤油大さじ1

お米はいつも通りに準備して、水加減は大さじ6(白だし、醤油分)ほど抜き取っておきます。

 

健康には食事・呼吸・運動・心(精神)の4つの要素が必要です。食事も上手に取り入れて冷え対策してみてはいかがでしょうか?

 

あなたのキレイを応援しています!

Uichi

 

PS.ちなみに髪は心(精神)の一部です。

PSS. 僕は運動で体質改善しましたので、寒さは我慢できるようになりましたが、やっぱり寒いのは苦手です(笑)

エナはハイセンス、ハイクオリティ、ハイサポートであなたのキレイのお手伝いをするビューティーサロンです。ご質問は24時間365日いつでもお問い合わせください。

お問い合わせする

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。