menu

Eva

〒330-0062
さいたま市浦和区仲町3-11-1
長堀ビル102

TEL.048-824-0393

ここでカラーすると染みないのはなぜですか?

18853314_s

他のお店でカラーリングするといつも頭皮が痒くなってしまうのですが、エナさんでカラーすると不思議なことに頭皮が痒くならないのですが、なぜですか?

 

 

お答えします。

 

 

まずはじめに、100%染みないカラーはないということです。これは成分のアレルギーの問題で99%染みなくても100%と言い切れるモノは存在しないと思っています。水アレルギーとかがいい例です。また調べるとわかりますが、物理的刺激も関係します。ですので、できる限り頭皮と髪に負担の少ないように細心の注意をして施術することが大切です。それでは当店でカラーする際に注意していることをあげます。

 

 

1. カラー前にシャンプーしないこと

 

 

頭皮からの刺激を守っているのは皮脂膜という肌が本来持っているバリア機能です。それを施術前にシャンプーで落としてしまうと染みる原因になってしまいます。また、シャンプーの摩擦による物理的損傷で頭皮を傷つけてしまうような行為もあるので事前に自宅でシャンプーしてしまう方も注意が必要です。そして、頭皮が乾燥しやすい方には、擬似的に皮脂膜の変わりになるようなオイルで頭皮を保護します。

 

 

2. 頭皮と髪に負担の少ない薬剤・施術を使用すること

 

 

 これはデザインによって可能なことと不可能なことがあるのも事実ですが、目的によっては限りなく負担を少なくすることはできます。例えば、カラー剤の染料であるジアミンがダメな方なら、ノンジアミンにしたり、あるいはヘナにしたりといった具合にすることで対応します。また、例えブリーチを使わないといけないケースでもダメージを抑えながらブリーチすることも可能です。ただし、限界はなんでもあります。万能な選手がいないように、目的に合わせたバランスをとることがとても大切です。

 

 

3. 余分なモノは残さないこと

 

 

カラー剤の一番厄介なところは残留する成分があることです。シャンプーするれば目に見える薬剤は排除されますが、実は目に見えない成分が残留するのですね。それがアルカリと過酸化水素です。アルカリが残留することで髪のキューティクルがふやけて、摩擦などの効果で2時的ダメージの原因になります。また、頭皮にアルカリが残ることで炎症や乾燥が起きやすくなります。そして、残留過酸化水素は薄毛の原因になります。ですのでこういったモノはシャンプーとは別に排除しなければいけません。

 

 

それでは具体的に当店での余分なモノを残さないための試験をご覧下さい。まずは過水です。

 

 

kasuii

 

 

カラーお流し後の過酸化水素はこのくらい残っています。

 

 

kasui

 

 

右がシャンプー後です。左が見えにくいですが、すべて終了後です。残留する過酸化水素はほぼ0ではないかと思われます。次はアルカリにいきますが、アルカリは少し工夫が必要です。それは以下に説明します。

 

 

55578

 

 

混ぜる前のカラー剤です。

 

 

karaph

 

 

pH10くらいが普通ですね。カラー剤直後にそのままシャンプーするとアルカリによりキューティクルが立ち上がっているため毛髪内部の流出や摩擦による損傷を通常のシャンプーよりも受けやすくなるのですね。じゃあ、シャンプーする前にアルカリ除去すればいいと思う話かもしれませんが、そうは簡単に言えません。

 

 

6689965

 

左のカラー剤には酸を足してあります。色が変わっているのが確認できますね。つまり酸で色の波長が変わるのです。また、色だけではなく、毛髪は急激に酸で引き締めると風合い(質感)が悪くなる場合もあります。ですので徐々に下げる必要があるのですね。シャンプー前、シャンプー後と少しづつ下げていくイメージです。当然手間がかかるのも事実です。

 

 

karaph2

 

 

karaph3

 

 

このように少しづつ下げていきます。スローフードならぬ、スロービューティーとはこういったことですね。もちろん使用する薬剤はたくさんありますので膨大なデータを取る必要があるのです。そして、当店が予約制にしている理由はこういった手間を惜しまず、当たり前のことを当たり前にするのでどうしても時間がかかってしまう場合があります。

 

 

まとめ

 

みそ汁はお湯とお味噌があればつくれてしまいます。ですが、こだわるなら美味しいお出汁をとり、具を気分に合わせてチョイスしたり、お味噌やお水にもこだわれますよね。これと同じです。ヘザデザインは今日のデザインに対し、髪という素材を見極め、調理法ならぬ最良の薬剤、施術を選択し最高のデザインに仕上げることです。

 

 

髪や頭皮は有限な素材です。ダメージは一方通行にしか進みません。だからこそこういった地道な施術はとても大切なことです。今のコンディションだけではなく、明日や数ヶ月を見据えた思考は大事なことだと思います。髪にも頭皮のためにもです。そしてそれはあなた自身のためでもあるのです。そしてもちろん私たちのためでもあるのですね。

 

 

染みない理由はひとつではありません。そして100%染みないモノがない以上、様々な工夫は必要です。失敗はできる限り未然に防ぐものですよね。

 

 

 

 

ena_logo_k_web

浦和の美容室エナ 「美」から生まれるチカラ
進化する縮毛矯正,デジタルパーマ,カラーでお手入れしやすいヘアデザインを心がけています。

 

私たちは「美容」のことを徹底的に考えています。

そして、一人ひとりにあった「個性をどのように引き出すことできるのか」が最も重要と考えます。

なぜなら、これから先もずっと「輝き続ける人生」に美容は必要だからと思っているからです。

私たちにとって「美容は人生そのもの」です。

 

 

 

メルマガはじめました。美容情報を毎日お届けします。美髪を目指しましょう!

→ メルマガに登録する

→ 当店の口コミ一覧はこちら

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。