menu

Eva

〒330-0062
さいたま市浦和区仲町3-11-1
長堀ビル102

TEL.048-824-0393

ヘアカラーの色持ちをよくする5つのルール

16985504 - preschool girl waving hello goodbye with her hands painted

おはようございます。Uichiです。

 

気になる白髪を染めてもすぐに色落ちしてしまっては、またすぐに気になってしまいますよね。そこで今日は、ヘアカラーの色持ちをよくするために必要な5つのルールについてご紹介します。

 

ヘアカラーの色持ちをよくする5つのルール

 

しっかり染める

当たり前のことですが、染めるときにこそしっかり染めなければいけません。最近は早く染まるようなカラー剤(スピーディーカラーとか呼ばれています。)もあります。これはテストしてみるとわかりますが、やっぱり早く色落ちします。毎月染めるような人なら、たいして気にならないかもしれません。

 

アルカリを除去する

カラー剤は1剤と2剤を混ぜて化学反応を起こします。このときに使われるのがアルカリ剤です。このアルカリはシャンプーすれば簡単に取れるような性質ではありません。もしアルカリが髪に残れば色持ちは悪くなります。ですからヘアカラーをしたら必ず取り除かないといけません。

 

専用のシャンプーを使う

一般的な市販のシャンプーは洗浄力が強すぎます。洗浄力が強いということはヘアカラーも落ちやすくなります。ですから美容室専売品やカラー用シャンプーなどを使用するのがオススメです。

 

熱いお湯ですすがない

シャンプーする前や後にシャワーですすぎをしますよね。このときの温度が高いとキューティクルが大きく開きます。キューティクルは髪のドアのような性質です。ですからキューティクルのドアが大きく開けば、髪の中のカラーも流出しやすくなります。お湯の温度に注意しましょう。

 

色持ちの良い色を選択する

ヘアカラーの色というのは、その色によっても色持ちは異なります。ですからもし色持ちの良いカラーにしたければ、色持ちの良い色を使えば良いということです。当然のことですよね。

 

まとめ

今日はヘアカラーの色持ちをよくする5つのルールをご紹介しました。1つ目がしっかり染めること。2つ目がアルカリを除去すること。3つ目が専用のシャンプーを使用すること。4つ目が熱い温度ですすがないこと。そして、最後が色持ちの良い色を選択することでした。

 

それでは素敵なカラーライフをお過ごし下さい。

 

あなたのキレイを応援しています!

Uichi

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。