静電気から髪を守る

髪の話

おはようございます。Uichiです。

冬といえば、静電気が起きる時期です。静電気って、夏には起きにくいですよね。だけどこの季節になると起こりやすくなります。ということは、季節に関係しているということですね。というわけで、今日は静電気から髪を守るお話です。

 

髪の静電気はなぜ起こる?

そもそも、髪の静電気はなぜ起こるかって話ですが、それは髪が乾燥するからです。冬は季節的に乾燥しますよね。また、部屋にいれば暖房で乾燥を進めます。肌も乾燥しやすくなりますよね。ということは、髪も乾燥しやすくなるわけです。

 

健康な髪は乾燥していません。それは、髪は自ら水分を保持しようとする機能を持っているからです。例えば、シャンプーをすると髪は濡れます。この時は髪にたっぷりと水分が含まれています。普通はその後ドライヤーをかけると思いますが、そのままでも髪は乾きます。

 

これは、髪の中の水分をある一定の水分量に保とうとする機能が髪にあるからです。だけど髪がダメージすると、この機能が壊れます。そうすると、髪の中の水分が減りすぎてしまい、髪が乾燥するようになるのですね。髪は乾燥すると摩擦の影響をうけやすくなります。そうすることで静電気が起きやすくなるというわけです。

 

ですので、静電気が起きやすい髪は乾燥している髪ということです。つまり「ダメージしているよ」という、髪からのサインなのです。この静電気から髪を守るためには、髪の水分量をキープできる機能を、再び持たせてあげればいいのです。

 

ヘアケアというとオイルが人気なのですが、オイルケアでは残念ながら乾燥対策はできないのです。そこでオススメしたいのが、このミストです↓

 

totonoe.mist1

髪の乾燥対策には、水分保持が欠かせません。そして、ダメージしている髪ほど乾燥が強いために、静電気が起こります。つまり、静電気起こるということは、「髪が乾燥しているよ。」と教えてくれているのです。

 

このミストは、髪の水分を整えるためのミストです。成分が髪の中に浸透しやすいように(ナノ化)されていますので、放置時間は1分ほどで十分です。全体にまんべくなく噴射したら、櫛などでコーミングします。その後ドライヤーで乾かしますが、毛先などのダメージが強いところには重ねづけが有効です。

 

商品を購入する

 

あなたのキレイを応援しています!

Uichi

ena_logo_k

浦和の美容室エナ

すべては上質のために…進化する縮毛矯正,デジタルパーマ,ヘアカラーでお手入れしやすいヘアデザインを心がけています。

住所 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-11-1長堀ビル102

アクセス・道案内 JR浦和駅北口を出て、伊勢丹の右手側のミスタードーナツをまがり、その裏門通りをまっすぐ歩き保健センターをこえて右手の白いビルの1Fのエンジ色のテントが目印です。

TEL:048−824−0393

営業時間 10:00〜  営業時間外のご予約も可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

定休日 火曜・その他

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

当店の口コミ一覧はこちら 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

髪をキレイにしたければダメージを減らせ!

トリートメントで髪をケアするのはもう当たり前。そもそも髪のダメージを減らさなければ、髪はキレイになりません。キレイな髪を創るためのダメージ改善・予防をメルマガでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる