よくある問い合わせ内容、質問をまとめてあります。

電話でご相談される方が多くいらっしゃいますが、実際にお髪の状態をみて診察してみないと判断できません。恐れ入りますが、お問い合わせページより問合せ願います。また3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ご希望のヘアスタイルに関して

画像をご用意して頂いてる場合ですが、正面以外に横からの画像もお願いします。

カットについて

直していくのに時間がかかる1つがカットです。なぜならカットは減らすことしかできない作業だからです。毛先のまとまり感はパーマで修正することが多く、すかれすぎた(軽くしすぎてまとまらない)髪にはストレート(縮毛矯正)でのアプローチが多いです。

カラーについて

カラー前について

事前のシャンプーはしません。頭皮の負担(しみやすく)になります。またこのことから自宅でも朝などにシャンプーをすることはお勧めしません。

雑誌やヘアカタログなどのカラー

雑誌やヘアカタログなどのカラーは画像処理をしているものが多く、印刷は現実とは異なります。また髪質により希望色に1度でできないカラーもあります。そういったケースには「ブリーチ後カラーを重ねる」「Wカラーをする」などが必要になることもあります。その場合にはカラー料金は2回分となります。

カラーは髪に残っている色素が大きく関係します。もともとの髪の色素とヘアカラーで残留する色素の両方です。これにより施術内容が異なります。

またカラーの名前ですが、例えばアッシュといっても雑誌やメーカーによって様々です。青みのあるものからグレーっぽいものまで幅広くあります。

ヘナについて

ヘナは基本オレンジにしかなりません。茶色にする場合にはヘナをした後にインディゴをします。同時にするよりも分けた方がキレイに染まります。また色味の入り方は髪質により異なります。そのためヘナを2度してからインディゴをする場合もあります。

染めたてよりも時間が経つことで色味が変化します。また、完全に髪を乾かさない方がより深く染まります。2度染めはカラー2回分、3度染めはカラー3回分の料金になります。

色持ちについて

専用シャンプーがお勧めです。美容室でカラー後にするトリートメントはものによっては色落ちします。また色味によっても持ちは変わります。

ダメージを少なくしたい

根元の伸びているところだけをリタッチするのがベストです。リタッチとは3週間から1ヶ月半くらいの根元染めのことをいいます。あまり根元が開きすぎると色むらが起こりやすくなります。また、退色防止とナチュラルな色味を楽しみたいのであれば同時にヘナをするのもお勧めです。

トリートメントに関してはサロンによって考え方が違います。そのままカラーするだけだと単純に髪は痛みます。サロンケアとホームケアの両方のケアが大切です。

ヘアマニキュアについて

後々色味を変えにくくなります。これはヘナも同じです。カラーに比べるとダメージはしにくいですが、0ではありません。また、コーティング成分が強いことからパーマをかけないショートスタイルに向いていると思います。このことから当店ではあつかっておりません。

黒染め後のカラーについて

カラーメーカーによって希望色にならない場合もあります。ブリーチと脱染剤を使い分けて対応します。

カラー後について

色によっては2〜3日色落ちがしやすいものがあります。タオルなど注意してください。

パーマについて

パーマ前について

事前のシャンプーは頭皮がしみる原因になりますので基本的にしません。

デジタルパーマ、エアウェーブ(していませんが)、クリープパーマ、普通のパーマについて

普通のパーマは髪が濡れている時にカールが1番でています。クリープパーマは普通のパーマよりも一工夫することでダメージが少なく、持ちがよくなります。デジパ、エアウェーブは髪が乾いた時にカールが安定します。

ショートスタイルはクリープ、それ以外はデジパで施術します。できればすべてデジパでやりたいのですが、ショートには基本不向きです。サロンによって内容がことなるため同じデジパといっても仕上がりはそれぞれです。場合により髪が硬くなりやすい傾向にありますが、熱処理温度と薬剤の使いこなしで風合いが柔らかくカールの持ちが特長です。

エアウェーブに関してはテストの結果外しました。理由はいろいろありますが、薬剤との相性が1番の理由です。

パーマのかからない髪

ホームカラーやヘアカラー全体染めを繰り返している髪、ヘアアイロンやコテなどを日々使用している髪、かなり細い髪の場合には難しい場合もあります。

かかりづらい髪質は上記の理由ですが、よく「今までパーマをかけたけどうまくかかったことがない」という意見もありますが、実際かけてみるとかかる場合がほとんです。

雑誌やヘアカタログのスタイル

「パーマをかけています」と記載があってもコテなどで巻いている場合もあります。スタイリングをどこまでするのかによってデザインは変わります。また、巻いたりする場合でもパーマをかけている方がカールがつきやすくなり、とれにくくなります。

特殊

スタイルや髪質によってやり方も様々です。より特殊なケースで施術する場合もたまにあります。またサロンによって得意、不得意なスタイルもあると思います。

ストレート(縮毛矯正)について

ストレートをかける前

カラーをしている場合は先にカラーをする方がいい場合があります。また、カラーやパーマ同様、事前にシャンプーは基本的にしません。

矯正の基本

基本は根元の伸びてきたところだけの方がダメージは少ないですが、デザインによっては毛先にデジパや丸みをつけるアイロンをします。

頻度

癖やデザインによりますが、3ヶ月〜半年が目安です。あまり開きすぎるとダメージの差によってうまくいかない場合もあるからです。

トリートメントについて

それぞれのコース(カットのみ以外)に必要なことをしています。処理剤というプロ使用のトリートメントになります。ステップ式のトリートメント(1、2、3とつけるような)のように、いかにもトリートメントをしている感はないかもしれません。また、こちらは別料金をいただいておりません。

髪が傷んだからトリートメントという発想ではなく、髪が痛まないようにすることが大切と考えます。また頭皮の状態も同じように大事と考えます。

そのこともあって、こちらからトリートメントを勧めることは基本ありません(それよりもホームケアをお勧めします)が、ある一定の場合(極端に傷んでいる髪)に関してはトリートメントをお勧めする場合もあります。実はかなり人気です。

シャンプーについて

汚れを落とすだけなら簡単です。しかしそれがパーマやカラーやストレート(縮毛矯正)をした髪となるとまた別と考えます。また洗い方もかなり重要です。髪は濡れている時は繊細で傷みやすい状態です。

ネットの予約について

施術内容はそれぞれ違います。時間指定、混雑をさける場合は次回予約をお願いいたしております。

技術保証について

担当デザイナーにご相談ください。

営業時間外に関して

ご相談ください。早朝料金は1時間につき1080となります。

駐車場について

専用の駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用くださいませ。

 

料金・キャンセルについて

「安かろう、悪かろう」とはよく聞く話ですが、中身は正直わかりません。料金が安い美容院でも上手な美容師さんはいると思います。しかしそのために薬剤などのコストや時間に制限が出てしまうのは仕方ありません。できないことも増えるでしょう。その結果仕上がりに差がでると考えます。

価格と価値どちらが良いとかというわけではありませんが、価値を優先しております。

また、ものをつくる製造業ではないため、生産性に限界があります。生産性とは時間あたりにできる数です。このため当日のキャンセルや新規の無断キャンセルは他のお客様のご迷惑になります。内容によってキャンセル料、次回の受付をお断りさせていただく場合もあります。

キャンセル・変更は3日前までにご連絡お願いします。2日前よりキャンセル料金を申し上げます。2日前のキャンセルは施術料金の30%、前日のキャンセルは施術料金50%、当日のキャンセルは施術料金と同額となります。あらかじめご了承くださいませ。

ロング料金はいただいておりません。トータルデザイン料金とお考えください。

その他何かご質問があればお問い合わせページよりお願いいたします。

お問い合わせはこちら