menu

Eva

〒330-0062
さいたま市浦和区仲町3-11-1
長堀ビル102

TEL.048-824-0393

浦和で天然ヘナなら

hanahenna.hb

自然派思考向けのメニュー、ヘナ。天然100%の色素で白髪を染めることもできて、トリートメント効果も抜群の優れた商品です。昔から人気のある商品ですから一言で「ヘナ」といっても実は様々なヘナが市場にはあります。当店で使用しているヘナも数種類。天然100%のハナヘナをはじめ、カラー剤とヘナのいいとこどりまで取り扱っています。

一般的なヘナはどちらかというとカラー剤とのいいとこ取りが多いです。なぜなら天然100%のヘナの色素は色味が薄く、一度で求める色に成る確率が少ないからです。ですからヘナとカラー剤のような染料をブレンドすることでバランスをとっているメーカーが多いのです。

ですから「100%天然のヘナをしてみたい。」と思っていても、その効果が目的に合っていないとなるとそれをする意味はありません。ですからそれぞれの特長を簡単に説明します。

カラー剤の特長

カラー剤の特長は髪を明るくすることができて、好みの色味を出しやすいというところです。その反面、髪へのダメージや色素によるアレルギーなどの問題もあります。一度では感じなくても数回重ねることでダメージは蓄積されますので、全体染めを繰り返すほどに髪のコンディションが悪くなってしまいます。

そこで少しでもダメージを軽減するために、サロン施術時に色々と工夫をしなければいけません。そこがサロンの腕の見せ所でもあるのですが、限界はあります。

天然100%ヘナの特長

ヘナの特長は白髪やカラーで退色した髪などに色素を補給しながら髪にダメージを与えない、そしてトリートメント効果があるというところです。デメリットはその色素の薄さから一度でしっかり白髪をカバーすることができないので回数を重ねたりする必要がある場合があるということ、カラー剤の様に髪を明るくする力がないことです。

色味ですがヘナというのはオレンジにしか染まりません。髪をオレンジにしたい人は限られています。そこでデニムを染めるのに使われる「インディゴ」の青い染料を重ねる、あるいはヘナに混合することで明るいブラウン系から濃いブラウン系にすることができます。色の補色の関係です。

また100%ヘナといってもその生産工程において品質は異なり、それがそのまま価格に反映されているものもあるので100%天然のヘナといっても値段は様々です。劣化したヘナを再度加工しているところもあるようです。そのようなヘナは見た目では判別しにくいため、ヘナを購入する際は信用できる所から購入する様にしましょう。

ケミカルヘナの特長

ヘナのよさはわかるけど一度でしっかり染まりたい人は多いです。そこで生み出されたのがケミカルヘナです。ヘナの特長であるそのトリートメント効果は生かしつつ、染まりの欠点をカバーするためにカラー剤に使用される染料を混合し商品化しました。しかしこちらもカラー剤の様に髪を明るくすることはできません。ですので髪を明るくしたい方には不向きです。

そしてカラー剤の染料が含まれているため、染まりが100%天然のヘナよりもいいのですが、逆に言えばカラーの染料でアレルギーの問題が残ります。ですのでケミカルヘナをする際はカラー剤でアレルギーがある場合には使用は控えたほうがいいです。

まとめ

天然100%のヘナもケミカルヘナ、カラー剤もそれぞれ特長があります。どれがいいとか悪いとかではなく、自身が求めることがそれで可能あるかどうかが一番大切です。当店ではお客様の好みの応じてヘナをセレクトしています。そしてヘナをカラーと捉えるのか、あるいはトリートメントとして捉えるかでまた発想は違ってきます。

天然100%のヘナを理解しているからこそ、そのよさも知っています。そして天然だけの限界も同時にわかるのです。ですからご自身の目的に合った商品やメニューをセレクトしましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。