• HOME
  • カラー施術例

カラー施術例

k_img_1-min

カウンセリング

まずはじめに今日のご希望のスタイル、デザインをカウンセリングします。当店では一人ひとりに合った上質なスタイルを提案するため、独自のカウンセリングシステム「GFS(ガイデッド・フィッティング・システム)」を採用しております。

gfs-min

GFS(ガイデッド・フィティング・システム)は「似合わせ」を理論的にすばやく確実に行う画期的なシステムです。美容室(美容師さん)向けに99,800円(税別)で販売しています。

→ GFSの詳細はこちら(美容師さん向けです)

k_img_2-min

毛髪診断

次に今の髪の色の現状を把握します。髪質・ベースの色・傷み具合などの様々な理由で、同じカラーを使ったとしても、染まり具合やダメージに差が出るため、現状に合わせ適切な施術方法を考えます。

k_img_3-min

頭皮ケア

頭皮の弱い方・敏感な方には髪を染める前に、薬剤が直接頭皮につかないように、頭皮全体を保護していきます。※必要に応じて

k_img_4-min

毛髪ケア

カラーを塗る前に、先に髪にトリートメント塗布することで、カラーの前に綺麗な髪の下地を作っておくことが大切です。※必要に応じて

yakuzai-min

カラー選定

沢山種類のある薬剤の中から、お客様にあった薬剤を選び、希望の色になるように配合します。この時に、薬剤の有害物質やダメージを中和するために、いろいろなトリートメントを混ぜて作ります。このこともあって、当店では使用するカラーは、通常よりもコストがかかっていますし、どこにもないあなただけのカラーメニューを作ります。でもそれは、多少コストや手間がかかってもお客様にいいものを提供したいからです。

k_img_5-min

カラー塗布

実際にカラー剤を塗布していきます。髪の状態や色に合わせて、数種類の薬剤を場所ごとに変えながら塗布していきます。何気に知られていないことですが、カラーを塗布するハケもこだわってます。とてもソフトな感触で頭皮に優しく、薬剤を毛髪に均一に塗布することができる特殊なハケです。

k_img_6-min

中間ケア

髪が染まったら、洗い流す前に、カラー剤の中和剤を馴染ませてからシャンプーをしていきます。これをすることで、ダメージの原因を防ぐとともに、カラーの色持ちも長くなるようにできます。

k_img_7-min

アフターケア

シャンプーが終わったら再びトリートメントをしていきます。トリートメントにはそれぞれ目的があります。エナでは独自のトリプルケア(施術の前、中間、後にするトリートメント)を必要に合わせて正しく使い分けることでキレイな髪質を創りあげます。しかも、トリートメントに追加料金はいただいておりません。すべての施術で毛髪に必要なことは私たちが責任を持って行っているからです。

2013-01-05-min

カット、仕上がり

シャンプーが終わったら、乾かす前にお席でもう一度、トリートメントを髪に吸収させ、カット、ブローをしたら完成です。GFSであなたに合った「似合わせ」と3S CUT(顔に自然とフィットするヘアデザインの作り方)で小顔効果も手に入れられます。カラーは染める前よりも髪にツヤが戻り、生き生きとした美髪へと導きます。

3scut_f

「顔に自然とフィットするヘアデザインの作り方」は3つのSから成り立つ、Uichi独自のカッティングの理論です。こちらは非売品のため販売はしておりません。