縮毛矯正で失敗を改善

縮毛矯正

縮毛矯正は扱いにくい髪を改善し、扱いやすくするメニューです。しかし一歩間違えると、逆に大変なことになりやすいメニューでもあります。これはメリットがあるものほど同じようにデメリットもあるということです。

 

IMG_19778

 

前回かけた前髪の部分の拡大です。写真よりも実際に見ている方がわかるのですが、これは「びびり」です。「トリートメントしても落ち着かない」とのことですが、ここまで髪が荒れてしまうとトリートメントで抑えるのも限界がありますね。

なぜこういったことが起きるのか?

?

縮毛矯正というメニューは、薬をつけてある程度時間をおいたあと流します。その後にブローもしくはアイロンなどを使用して熱処理をします。この熱処理するときにどうしてもさけられないのが熱とテンションとプレスです。

熱による失敗

熱による失敗のケースは、髪の水分調節不足です。髪の水分が残りすぎている状態で高熱を加えることで、水分が一気に蒸発します。これにより水蒸気爆発が起こり、損傷します。ようは大やけどをしてしまうようなものです。

髪の主成分はタンパク質からできていることから、熱処理でどうしても髪は硬くなってしまいます。もちろんその原理を利用することで縮毛矯正という理論が成り立つことも事実です。しかし、必要以上の熱処理をする必要はありません。目的に合った適切な温度管理が必要です。

テンションによる失敗

テンションというのは、ひっぱり具合のことです。1剤の薬を使用することで髪の結合を切り、形を形成しやすい状態になっています。これはつまり髪がやわらかく柔軟になっている状態です。薬を流した際に熱処理をするのですが、このときにブローでもアイロンでもテンションをある程度かけて操作していきます。

そしてテンションがかかりすぎていると、その分ひっぱった反動が生まれます。想像しやすいのがゴムを伸ばして変形させたときに、その応力の反動で戻りますね。強く引っ張りすぎてしまうとその反動も強くなることからテンションには注意が必要です。

プレスによる失敗

プレスによる失敗はアイロン操作時に特に起こりやすいです。すべての細胞は丸いですね。髪も当然丸みを帯びています。そこにアイロンなどでプレスしすぎると当然のように形は変形します。「縮毛矯正をかけるとぺったんこになってしまう」といったケースは、このアイロン時のプレスのチカラが強すぎるために起こる現象です。

ついつい頑張りすぎるとチカラが入りすぎてしまうのが人間の特徴です。しかし、チカラを抜いたほうがいい場合もありますよね。アイロン操作も同じことです。

これ以外に考えられる要因としては薬剤の適切な処置なども関係してくるのです。つまり縮毛矯正による失敗というのは、実際にはどこで失敗しているかは判断しづらく総合的に見て対応するしかありません。

お直し後

DSC_025

 

見た目は改善されましたね。ストレートにすると髪がぺたんこになるからいつもは部分的にかけていたようです。しかし、そんな概念を打ち消し、当店の縮毛矯正を体験して頂きたくて今回は全体にかけました。前髪の失敗の補正はそのおまけです。

DSC_0026

とても自然なストレートで、縮毛矯正をかけているとはわからない仕上がりです。ショートスタイルなので癖は早くでやすいですが、これでしばらくはお手入れも楽になりますね。

ぺったんこになってしまうには、なってしまう理由があるからです。そして同じように失敗するのは、失敗する理由があるからです。適切な薬剤と施術方法を選択すればそれは回避できるのです。

 

それではステキなヘアライフを!

 

 

「美」から生まれるチカラ
進化する縮毛矯正,デジタルパーマ,カラーでお手入れしやすいヘアデザインを心がけています。

 

私たちは「美容」のことを徹底的に考えています。

そして、一人ひとりにあった「個性をどのように引き出すことできるのか」が最も重要と考えます。

なぜなら、これから先もずっと「輝き続ける人生」に美容は必要だからと思っているからです。

私たちにとって「美容は人生そのもの」です。

 

ena_logo_k

浦和の美容室エナ

住所 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-11-1長堀ビル102

アクセス・道案内 JR浦和駅北口を出て、伊勢丹の右手側のミスタードーナツをまがり、その裏門通りをまっすぐ歩き保健センターをこえて右手の白いビルの1Fのエンジ色のテントが目印です。

TEL:048−824−0393

営業時間 10:00〜  営業時間外のご予約も可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

定休日 火曜・その他

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

当店の口コミ一覧はこちら 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

髪をキレイにしたければダメージを減らせ!

トリートメントで髪をケアするのはもう当たり前。そもそも髪のダメージを減らさなければ、髪はキレイになりません。キレイな髪を創るためのダメージ改善・予防をメルマガでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる