人間は150歳まで生きられる

日記

 日経ビジネスオンラインより「戦後70年特別企画 遺言 日本の未来へ」、1月6日掲載は登山家、三浦雄一郎さんのインタビューです。三浦さんの遺言は、「人間は150歳まで生きられる」ということです。

 

 

 2014年7月の時点で、日本人の平均寿命は男性で80.21歳、女性で86.61歳です。そう考えると約2倍です。三浦さんのその根拠は記事をご覧いただければわかりますが、要は「物事をどう捉えて、どう行動するか」ということではないでしょうか?

 

 

 病気で余命3年といわれても、けがをしても、歳をとっても諦めないで欲しい。可能性は開けるよ。

 

 

 三浦さんは冠動脈の65%が詰まっているそうです。「手術しなければ登山は許可しない」とお医者さんにいわれました。

 

 

 あなたならどう考えますか?

 

 

 三浦さんの答えはこうです。「35%が通っているなら、それでいこうと。」

 

 

 私は今年37歳になります。平均寿命でいえば、約半分ですね。このときにあなたなら「もう半分しかない」と思いますか?それとも「まだ半分もある」と思いますか?

 

 

 三浦さんは、後者です。残りの35%を活用し、血液をサラサラにする薬を処方してもらいました。つまり、今ある中で最善の選択をした訳です。

 

 

 リンク → 日経ビジネスオンライン「人間は150歳まで生きられる」

 

 

 

 150歳まで生きれるかどうかは別にして、こういった前向きな思いはいくつになっても大切なことですよね。

 

 

 「もう半分しかない」と悲観に思うよりも、「まだ半分もある」とポジティブシンキングに捉えた方がいいですよね。

 

 

 まさにタイムリーな話なのですが、ちょうど昨年から私の父が登山をはじめたそうです。

 

 

 私の父は定年後、畑仕事をはじめて今では人に教えることができるくらい勉強し、継続しています。そしてまた、新しいことにチャレンジしている父の姿は「素晴らしい」の一言です。

 

 

 いつまでも目標を持ち、チャレンジすることは人の 「生きがい」と思います。あなたはこの「遺言」をどう捉えましたか?

 

 

 

 

チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ。   本田宗一郎 

 

 

 

ena_logo_k

浦和の美容室エナ

住所 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-11-1長堀ビル102

アクセス・道案内 JR浦和駅北口を出て、伊勢丹の右手側のミスタードーナツをまがり、その裏門通りをまっすぐ歩き保健センターをこえて右手の白いビルの1Fのエンジ色のテントが目印です。

TEL:048−824−0393

営業時間 10:00〜  営業時間外のご予約も可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

定休日 火曜・その他

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

当店の口コミ一覧はこちら 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

キレイな髪を創る秘密

キレイな髪をつくるヒントをメールでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる