パーマがすぐとれる(おちる)2つの理由

お問い合わせより, パーマ

パーマのもちが悪い、すぐとれる。と新規の方から相談がありますが当店でかけるとだいたいは問題なくかかります。ホームケアで使用している商品でパーマを阻害してしまうものもあったり、個人のお手入れも関係していることは事実なのですが、根本的にパーマがあたっていないなら話は別ですね。今日は美容室においてパーマがうまくかからない理由をあげます。

 

 

 

1. きちんと固定していない

 

これは1剤ばかり気にしている巷の流行のせいもあります。「パーマは2剤であてる」という言葉があるとおり、最終的につくった形を固定しなければ当然意味をなしません。パーマを固定する2剤と呼ばれる薬剤は2種類です。おのおのアルカリ領域でチカラを発揮するものと酸性領域でチカラを発揮するものに分かれます。その辺り前のことって、つい忘れてしまいがちなんですよね。ダメージを気にするあまり1剤ばかりに目がいきがちです。ダメージは少ないけどパーマがかかっていないなら本来の意味はなしませんよね。むしろ髪がダメージしただけでいい迷惑です。きちんと固定しているかされていないかはその場では必ずしもわからないものです。だからこそきちんとした仕事をしなければいけないのですね。

 

 

 

2. ダメージが強い

 

もうひとつの原因がもともとのダメージです。髪はダメージが強いとトロトロになります。この原因をつくっているほとんどの原因は美容室でのケミカルダメージやホームカラーなどの残留アルカリや還元剤です。これらはそのときはダメージとして感じなくても徐々に痛みとして蓄積されます。髪のウェーブやカールをつくるのは髪の素材です。パーマ液やデジタルパーマ、エアウェーブなどは曲げるための道具や手段にすぎません。髪は有限な素材です。ダメージを軽視するといつかは崩壊します。だからこそ素材を大事にするダメージレスな施術やホームケアを意識しなければなりません。

 

 

 

まとめ

 

パーマがすぐとれるにはそれなりの理由があります。上記2点がほとんどです。また、上記以外ではホームケアによるトリートメントなどの重さでだれるパターン(パーマは重力に逆らっているため)。それと、お手入れという器用不器用の差があるのも事実です。これは中々難しい問題です。それをどう教えるか、しやすくするためのカットをするかがポイントではないでしょうか?

 

 

  • 今までパーマがうまくかかったことがない
  • 髪の負担を最小限にパーマをかけたい
  • パーマをかけてかわいくなりたい 

 

ぜひ当店にお任せ下さい。そんな悩みはすぐ解決します!

 

「論より結果」ブログをご覧頂ければすべてがわかります。

 

 

「人生に黄金の輝きを与えるもの、それは選択」

 

それではステキなヘアライフを!

 

 

 

ena_logo_k

浦和の美容室エナ

住所 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-11-1長堀ビル102

アクセス・道案内 JR浦和駅北口を出て、伊勢丹の右手側のミスタードーナツをまがり、その裏門通りをまっすぐ歩き保健センターをこえて右手の白いビルの1Fのエンジ色のテントが目印です。

TEL:048−824−0393

営業時間 10:00〜  営業時間外のご予約も可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

定休日 火曜・その他

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

当店の口コミ一覧はこちら 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

キレイな髪を創る秘密

キレイな髪をつくるヒントをメールでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる