ヘッドスパをしたらめまいや気持ちが悪くなった。その3つの理由

お知らせ, ヘッドスパ

ヘッドスパのイメージはリラクゼーションで気持ちいいというイメージがあると思います。しかし、逆効果を生んでしまう場合もあるのも事実です。中にはいると思いますが、途中で気分を害してしまったり、めまいなどを引き起こしてしまったりする方もいるのではないでしょうか。そして、これはどうしてこうなるのでしょうか?

 

 

答えは簡単です。ひとつは頭部や身体には様々なツボがあるからです。そしてもうひとつ、施術をおこなうシャンプー台に問題があるケースがあります。これを理解していないで施術を行うと本来気持ちいいはずのスパが悲惨な悲劇を生む可能性があります。そこで注意すべき箇所と対策を考えなければいけません。その理由は3つあります。

 

 

理由その1:身体の仕組み

首 

 

ツボというとそこを刺激することで改善を計るイメージがあると思います。しかし、同様に押したり、刺激しない方がいい場所もあるということです。これを理解していないといけません。美容室にてサービスでマッサージを行うところは調べてはいませんが結構多いのかもしれないですね。だけど当店ではサービスでマッサージを行わないません。なぜなら、その行為は「逆効果をうむ場合もある」と思っているからです。

 

 

美容室でのサービスで行うマッサージの多くは肩と首でしょうか。まず、この首に問題があります。首にも様々なツボがありますが、素人が下手に刺激すると気分を害する場合があります。まずは自身でテストしてみるといいでしょう、首の付根から上までくまなく刺激してみると分かります。まず気分が悪くなります。そして効きすぎるツボで効果が出て気持ち悪くなる場合もあります。これはチカラの入れすぎも関係しています。ちなみにこれらの気分を害するのはツボだけではなく、頸動脈も関係しています。それを圧迫することで血流がわるくなり、めまいを起こす場合もあるということです。

 

 

次は肩です。肩こりを感じて肩をもむこと自体がそもそも間違いです。これはアーユルヴェーダの考え方を意識している人ならわかりますが、その疲れが目からきていたら肩をもんでも改善はされません。そして肩をもむという行為は「やり方次第では身体が麻痺する恐れがある」と思っています。肩こりが気になってマッサージにいってみればわかります。一度目はすっきりした。でもすぐにまた肩が凝る。またいく。頻繁に通うようになったら強さを求めるようになった。その強さは次第にエスカレートしていく。もうお解りでしょう。症状が改善されないどころか、かえって悪くなっているということです。

 

 

そもそも人の身体はよく出来ており、肩こりなどは本来すぐに改善できるはずです。もしすぐに治らないのであれば、そのくらい疲れが蓄積されてしまっているということです。運動不足や身体のゆがみなど色々な要因が考えられますが、自分の身体は本来自分でコントロールするものです。そして、その症状は身体が教えてくれています。そこに気がつかなかったり、あまりにも放置しすぎることが問題でもあります。

 

 

ここまで読むと、ヘッドスパでなぜ気分がわるくなったりするケースがあるのかも理解して頂けただろうと思います。施術者自身が「身体の仕組みをわかっていないからだろう」と考えます。ブームがあるからと簡単に取り入れているところもあるからでしょう。身体に問題がなかったり、刺激しない方がよい場所をさけていたらその症状はでないかもしれないです。しかし、それがのちのち蓄積されているとしたら問題です。人は問題が起こるまでは安易に物事を考えてしまうケースが多いものです。問題は可能な限り未然に防ぐべきだと考えます。

 

 

当店がなぜマッサージをサービスでおこなわない理由も理解して頂けましたか。サービスだから「うれしい」と思っているなら、それは「大きな間違いかもしれない」のです。

 

 

理由その2:シャンプー台

内観3縦 暖

 

これは当店にご来店頂いた人なら分かると思いますが、シャンプー台がまず違います。これは先ほどの首を支えることが問題にあるからです。首に負担をかけるようなシャンプー台は未だに多いです。上記の説明であったように、首を圧迫するようなシャンプー台には注意が必要です。もし毎回美容室で気分を害するようであれば、美容室自体をかえることをおすすめします。

 

 

そして、自身の健康も同じように意識するべきです。まずすぐに気分が悪くなるようなケースが多い場合は貧血が考えられます。鉄分を安易に補給しすぎるのは仕事柄あまりおすすめできませんが、ひどいようであれば、それも必要なのかもしれないですね。まずこういった自身の身体を知ることも必要です。

 

 

鉄分を取りすぎると、パーマやカラーに影響がでてしまうためです。

 

理由その3

理由1と2が組み合わさったケースが一番最悪なケースです。体の仕組みと施術を行うシャンプー台、原因は様々ということを理解しておきましょう。

 

 

 

まとめ

ヘッドスパをしたり、美容室で施術した際に気分がわるくなったり、めまいがする人は上記の理由が考えられます。どこかあてはまるようならすぐに改善はできるはずです。ひとつひとつ検証して頂きたいと思います。なぜなら本来は気持ちも気分もリフレッシュすることが目的だからです。

ヘッドスパというメニューを安易な考えで取り入れているサロンもあるので、注意は必要ですね。

 

 

ena_logo_k

浦和の美容室エナ

住所 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-11-1長堀ビル102

アクセス・道案内 JR浦和駅北口を出て、伊勢丹の右手側のミスタードーナツをまがり、その裏門通りをまっすぐ歩き保健センターをこえて右手の白いビルの1Fのエンジ色のテントが目印です。

TEL:048−824−0393

営業時間 10:00〜  営業時間外のご予約も可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

定休日 火曜・その他

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

当店の口コミ一覧はこちら 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1日1分で読める。キレイな髪を創るアイディアチャージ!

「トリートメントの間違い」「オイルケアが人気の理由」「シャンプー前の3つの下ごしらえ」など、あなたの髪をもっとキレイにするヒントをメールでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる