縮毛矯正をかけているのに毎日ヘアアイロン?

お客様の声・口コミ, 縮毛矯正, 髪の話

突然ですが、坊主が伸びるとどうなるかご存知ですか?

 

「Sea urchin」

 

はい。日本語でいうと、

 

11163905_s-min

 

「うに」です!

 

坊主が伸びると「うにヘアー」になります。

 

おはようございます。うにヘアーな嬉髪プロデューサーのUichi(ユーイチ)です。

 

縮毛矯正をかけているのに毎日ヘアアイロン?

 

縮毛矯正って人気ですよね〜。癖が強い方なら必要不可欠でしょうし、ボリュームが気になる方ならスリムになるし、お手入れが苦手な方ならブローの手間が簡単になります。

 

そんな縮毛矯正をかけているにもかかわらず、毎日ヘアアイロンをするように勧める美容師さんがいるそうです。M●Dサロンさんに多いみたいですね。

 

それではまず、「なぜヘアアイロンをつかうのか?」から見てきましょう。

 

ヘアアイロンを使う理由

 

アイロンを使う目的は、縮毛矯正と同じように髪のお手入れをするためですよね。当然です。

 

美容室で仕上げてもらうようなスタイルを自宅でも再現するために、また、髪を簡単にキレイに見せることができるから便利なアイテムなんです。

 

お手入れがしやすくて人気のヘアアイロンですが、その効果が得られる理由の1つが「高温」だからです。

 

ヘアアイロンに限らずコテ、デジタルパーマなどもそうですが、髪を扱うときに温度が高い方がカタチをつくりやすいのです。

 

髪は熱に弱い

 

髪を扱うときは温度が高い方がいいのですが、それが髪にとって良いことかは別の問題になります。

 

髪の成分のほとんどはタンパク質です。よく例えられるのが、「卵」の話です。

 

タマゴをフライパンに落として火を加えれば、たまごは少しづつ硬くなっていきますよね。

 

髪も同じようなイメージです。

 

毎日ヘアアイロンで熱を加えれば、毎日少しづつ髪は硬くなっていきます

 

理想の髪とは

 

健康な髪は「疎水性」といって、水分を11〜14%保とうとします。

 

傷んだ髪はその水分保持機能が壊れて 15%以上になってしまい、「親水性」になります。

 

水分がいつもよりも含みやすくなるから髪に良さそうと思ってしまいそうですが、水が好きだから髪が乾きにくいけど、水はいつかは蒸発するから パサパサになりやすいということに繋がります。

 

なんともいえない髪の状態ということですね。

 

ところでアイロンやコテを毎日する人は、この水分量が今度は10%以下になったりもします。

 

そういったダメージした髪はタンパク変性といって、髪が硬くなる傾向になります。

 

さらにダメージが進行して髪の水分量が5%くらいになると、次は静電気が起きやすくなるのです。

 

いかに水分調節機能が髪にとって大事なことか理解できますね。

 

話が長くなりますが、簡単に説明すると

 

健康な髪は、トリートメントが好き=キレイな髪

 

ダメージした髪は、トリートメントが嫌い=汚い髪

 

になりやすくなるということです。

 

そのときの見た目や手軽さにつられて毎日アイロンで髪を高温で扱うと、髪はどんどんダメージしていき、トリートメントが効きにくくなってしまいます。

 

(ここから)

 

スクリーンショット 2015-12-09 18.44.16-min

 

髪がギシギシでクシ通りも悪く、枝毛もたくさん。

 

なぜこうなってしまったかを説明して頂き、これからの工程もきちんと説明してくださり、安心してお任せできました。

 

また次回もよろしくお願いします。

 

ごえもんさん

 

(ここまで)

 

ごえもんさんは都内の美容室で毎日アイロンするように勧められていました。確かに毎日アイロンすればそのときは髪はキレイに見えます。

 

だけどその毎日の高温に髪が耐えれなくなったときに、髪がギシギシでクシ通りも悪くなり、枝毛までできるようになってしまったのです。特にごえもんさんの髪は、女性らしいロングなのでダメージは蓄積されやすいのですね。

 

現在はヘアアイロンを控えていただいていますので、これから少しづつメンテナンスをしていきキレイな髪を目指していきます。

 

(ここから)

 

スクリーンショット 2016-01-05 10.44.52-min

 

 

先日は初めてお店に行かせていただきました。

 

まとまりが悪く気になっていた髪を、毛先にパーマをかけていただき、

 

とても気に入りました。

 

次の日からアイロンは使っていません!

 

次回はカラーをお願いします。

 

また素敵な時間を過ごせるのを楽しみにしています。

 

すす。さん

 

(ここまで)

 

すす。さんは毛先が肩につく長さであること、また毛先がすいて軽くなっているのでどうしてもまとまりが悪い状態でした。

 

そこで毎日アイロンでセットしていたため、ダメージが進行して気になっていました。

 

毛先のまとまりを改善するためにデジタルパーマをかけて、お手入れの簡単なスタイルにすることでアイロンを使わなくてもいいようにしました。

 

声が可愛いすす。さんは現在はスタイルチェンジをして遊びのあるデザインになっています。

 

 

 

あなたも毎日アイロンを使っているなら注意が必要です。

 

髪のトラブルで取り返しのつかない状態まできてしまうと、枝毛をさらに超えて「ふりかけ」のように髪が「ぶちぶち」と切れてしまう場合もあります。

 

そうならないためにも、髪の正しい知識と「お洒落とダメージ予防」のバランスを考えなくていけません。

 

そして毎日アイロンしなければいけないほどの髪なら、熱対応に適したホームケアなどがオススメです。

 

→ 熱から髪を守るトリートメント

 

キレイを応援しています!

 

Uichi

 

D_himitu-min

 

髪がキレイに見えるには「キレイの秘密」があります。髪をトトノエるお勧めのホームケアはこちら→ キレイの秘密

 

 

すべては上質のために…進化する縮毛矯正,デジタルパーマ,カラーでお手入れしやすいヘアデザインを心がけています。

ena_logo_k

浦和の美容室エナ

住所 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-11-1長堀ビル102

アクセス・道案内 JR浦和駅北口を出て、伊勢丹の右手側のミスタードーナツをまがり、その裏門通りをまっすぐ歩き保健センターをこえて右手の白いビルの1Fのエンジ色のテントが目印です。

TEL:048−824−0393

営業時間 10:00〜  営業時間外のご予約も可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

定休日 火曜・その他

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

当店の口コミ一覧はこちら 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

髪をキレイにしたければダメージを減らせ!

トリートメントで髪をケアするのはもう当たり前。そもそも髪のダメージを減らさなければ、髪はキレイになりません。キレイな髪を創るためのダメージ改善・予防をメルマガでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる