素材をどう扱うかが、大切かということ

デジタルパーマ, パーマ, 日記

おはようございます。Uichiです。

 

かなり昔の話ですが、僕がはじめてシメサバを食べたとき、口に含んだ瞬間に思わず吐き出してしまいました。今まで食べたことのない感じだったというのもありますが、何より美味しくなかったのでしょうね。

 

それからというもの、シメサバを食べようとも、外で注文しようとも思わなかったのですが、よくいくお寿司屋さんでお任せ3点盛りというのを頼むのが定番になっていたんですね。いつもはマグロをはじめ、ツブ貝や白身など様々な魚を楽しませてくれるのですが、あるときそのお任せ3点盛りにあの懐かしのシメサバが登場したわけです。

 

minagwa_simesaba

 

うーん。久しぶりのシメサバです。そういえば昔は食べれなかったけど、今になって食べれるようになった食材xってありますよね。例えば僕だとセロリとかです。昔は苦くてダメだったけど、今はその苦さがたまらなわけです。ビールも同じような感じですね。

 

といわけで、シメサバに再度挑戦しました。恐る恐る食べてみると・・・あれれ。美味しいじゃない!子供の頃にはじめて食べたシメサバじゃない。脂ものっている。とっても美味しい。最高に美味しい(例のドラマ風)!!

 

僕がはじめて食べたシメサバは酢で締め過ぎていてパサパサしていたのですが、このシメサバはほどよく酢でしめている感じでほぼレアな状態です。食べ物って、素材を生かすも殺すも料理人の腕次第だって改めてわかった瞬間でした。

 

髪も同じです。

 

毛髪だってシメサバと同じように、毛髪という素材をどのように扱うかで全く違った結果に仕上がります。

 

以前記事にしたように、例えばデジパ(デジタルパーマ)だって、髪質に合わせて使う薬剤はことなるわけです。温度管理だって美容室によってことなるわけです。だから仕上がりも様々で、賛否両論あるわけです。

 

素材(髪質)を見極めて、どのように扱う(施術する)かってことは、料理も美容も同じことなのですね。

 

あなたは自宅で、自分の毛髪をどのように扱っていますか?そして美容室で、どのように扱ってもらっていますか?自身の髪を生かすも殺すも自分次第です。今考えられること、できることからチャレンジしてくださいね。それが髪のキレイを創るヒントです。

 

あなたのキレイを応援しています!

Uichi

 

PS.まず簡単にはじめられるケアといえばトリートメントと思うかもしれません。だけど実は同じようにシャンプーも大事なことです。そしてそれは商品だけではなく、そのやり方にも秘密があるのです。

bikami_sp

 

詳しく覗いてみる?

 

ena_logo_k

浦和の美容室エナ

すべては上質のために…進化する縮毛矯正,デジタルパーマ,ヘアカラーでお手入れしやすいヘアデザインを心がけています。

住所 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-11-1長堀ビル102

アクセス・道案内 JR浦和駅北口を出て、伊勢丹の右手側のミスタードーナツをまがり、その裏門通りをまっすぐ歩き保健センターをこえて右手の白いビルの1Fのエンジ色のテントが目印です。

TEL:048−824−0393

営業時間 10:00〜  営業時間外のご予約も可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

定休日 火曜・その他

メルマガ登録

メルマガはじめました。あなたがもっとキレイになるための美容情報を毎日お届けします。しかも今なら無料で「美髪をつくる7つの習慣」のE-BOOKをプレゼントしています。美髪を目指しましょう。応援しています!

当店の口コミ一覧はこちら 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

髪をキレイにしたければダメージを減らせ!

トリートメントで髪をケアするのはもう当たり前。そもそも髪のダメージを減らさなければ、髪はキレイになりません。キレイな髪を創るためのダメージ改善・予防をメルマガでお届けします。

登録する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

目指そう美人髪!

美髪をつくる7つの習慣のレポートを今なら無料でプレゼントします。ぜひあなたのキレイにお役立てください。

 

 

ダウンロードはこちら

シャンプーで髪が傷む?

あなたはシャンプーでこんな間違いをしていませんか?

 

→ 詳しく覗いてみる